秋芳洞の写真(星空番外編)

2013/5/26

今日は一日暇だったのでどっか癒されに行こうと思い、秋吉台に

行って来ました。ん~~、広いし、緑と白の世界が癒すねぇ~。

画像


と思いきや、暑い。癒される以上に暑い。たまらず避暑地に避難

しました。避暑地と言えば秋芳洞。と言う事で今回は秋芳洞の案内

を正規ルートで紹介します。

まずは、秋芳洞入り口からです。

画像


もうこの辺りから涼しい風が吹いてきます。では、中に入って

みましょう。

画像


中に入った瞬間から広い!青天井と言われるところで、高さ30m

幅50mあります。外からの光が水に反射され、天井が青く見える

事からそう呼ばれています。

少し進むと百枚皿があります。2枚UP。

画像

画像


実はこの様な所は道内にちらほらあるみたいです。

入り口から500mくらいの所です。富士山が見えます。

画像


これは洞内富士と呼ばれています。

少し行くとナント、蓬莱山を発見。

画像


蓬莱山と言えば和歌山県。て言うか、日本全国蓬莱山あるみたい

ですが。その昔、秦の始皇帝の命により徐福が不老不死をてにする

ため日本の蓬莱山にやって来た。て事になってますが、まさかここ

山口でもお目にかかれるとは。ただ、山口県では徐福の伝説は無い

です。

洞内の天井は大体こんなのがぶら下がっています。頭上注意。

画像


これは傘づくしと言いまして、結構低い所にあります。

次に入り口より650mくらいの所です。

画像


こがねばしら(黄金柱)と言います。高さ15mあります。秋芳洞の

目玉の一つです。

ここから黒谷支洞に入ります。いきなりマリア観音がありましたが

背景の事を考えなくて写真を撮ったため、背景と一体化してしまい

ました。よってこの写真はスルーです。この支洞は結構狭くて、

天井も低いです。側面にはこんなのが結構あります。

画像


画像


この先は階段とトンネルを歩いて出口です。全長900mです。

人の通れない所まで入れると、長門市の大海島まで繋がって

いるそうですが。約30km。



今回は異例で、風景など撮影してみました。最期に山口の

お決まりの台詞で終わりにします。

「おいでませ。山口へ」

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • フェラガモ 靴

    Excerpt: 秋芳洞の写真(星空番外編) 天体写真の記録/ウェブリブログ Weblog: フェラガモ 靴 racked: 2013-07-03 18:10
  • エアマックス 95

    Excerpt: 秋芳洞の写真(星空番外編) 天体写真の記録/ウェブリブログ Weblog: エアマックス 95 racked: 2013-07-09 13:00